Xperia Z5(Marshmallow)でかゆいところに手が届かない仕様をなんとかしてみた

スポンサーリンク

今月から2号とスマホがおそろ(←死語ですかね?w)になったさっちん(@love2ndnet)です。
2号のスマホの設定をするついでに、Marshmallowになってから痒いところに手が届かなくなってしまった仕様をなんとかしたくて、いろいろ試行錯誤していました。
なんとか自分で満足のいく設定になったので備忘録をかねてつらつらとここにまとめてみたいと思います。
長文注意です。

Lollipopの時はこんな感じで使っていました

私がXperia Z5を購入した時は、まだAndroidはLollipopでした。
昔からずっとHOMEアプリはNova Launcher(有料版)を使っていて、ダブルタップでスリープ、スリープ状態からダブルタップでスリープ解除(Xperiaで設定→画面設定→タップして起動)、上にスワイプでHome Button Launcher(HomeボタンをスワイプするとGoogle Nowランチャーが標準で立ち上がるのですが、それをHome Button Launcherに置き換えることによって便利にアプリを呼び出すことができます)を立ち上げ、よく使うアプリはそこから立ち上げるようにしていました。

Nova Launcher ホーム

Nova Launcher ホーム
無料
posted with アプリーチ

Nova Launcher Prime

Nova Launcher Prime
¥600
posted with アプリーチ

Home Button Launcher

Home Button Launcher
開発元:DynamicG
無料
posted with アプリーチ

Novaはほかにもジェスチャーで色々な機能を呼び出せるので便利に使えていたのですが、Marshmallowにバージョンアップしたらダブルタップでスリープ解除した時に、今までロック解除が指紋認証のみでOKだったのに、ダブルタップでスリープにしてしまうとロック解除が指紋認証だけでは解除できず、更にPINコードを入力して初めてロックが解除できるという、とっても不便な仕様になってしまいました。

スポンサーリンク

Now on TapとHome Button Launcherが一緒に使えない

MarshmallowにはNow on TapというHOMEボタンを長押しすると表示している画面に関連している情報を表示してくれる便利な機能があってそれを使いたいんですが、Home Button LauncherもMarshmallowだとHOMEボタン長押しに変わってしまうのでどちらか選ばないといけなくなってしまいました。
で、苦肉の策でNovaのジェスチャーで上スワイプをHome Button Launcherにあてていたのですが、ダブルタップ問題があるので、できればスワイプでHome Button Launcherを立ち上げられて、かつ、ダブルタップでスリープしても指紋認証のみでロック解除ができるものを探していました。

なぜそこまでダブルタップにこだわるかというと、この機種、液晶の保護シートによるセンサーの誤作動と、電源ボタンの陥没という二大不具合がありまして、そのため電源ボタンはあまり使いたくなかったんです。

Xperia Homeが有能だった

某掲示板でXperia Homeのベータ版を入れればダブルタップで画面のオンオフをしても指紋認証のみでロックが解除できるという情報を見つけ、さっそく入れてみました。

ベータ版をインストールするには、まずGoogle+のXperia Home Open Betaというコミュニティのメンバーになる必要があります。

メンバーになったら一番上の書き込みのリンクをクリック(Xperia本体からクリックする必要があります)するとSONYのアプリが立ち上がり、ベータ版がインストールできるようになります。

これでダブルタップで画面をオンオフしてもLollipopの時と同じように指紋認証のみでロック解除できるようになりました。

Home Button Launcherを立ち上げる方法を考える

HOMEアプリを変えることによりダブルタップ問題は解決したのですが、Xperia Homeはジェスチャーが使えません。
今までどおりスワイプでHome Button Launcherを立ち上げたかったのでもう一つアプリを入れました。
それがSmart Task Launcherというアプリです。
これだけでも自分が設定したホットスポットをスワイプしたりタップしたりすることにより、ランチャーを立ち上げたり、機能を呼び出したりすることができます。

Smart Task Launcher

Smart Task Launcher
開発元:Jskt
無料
posted with アプリーチ

Home Button Launcherは無料でタブをいくつか作ることができて、タブごとにアプリを振り分けることもできるようになっていますが、Smart Task Launcherは複数ランチャーを立ち上げようとすると有料になってしまうので、上スワイプやタップでHome Button Launcherを立ち上げるようにし、横スワイプでSmart Task Launcherのランチャー(設定画面やクイック設定を呼び出すことができるので便利)を立ち上げるように設定しました。

これで、いままでHome画面に戻ってからではないとHome Button Launcherを呼び出せなかったのがアプリを立ち上げていても呼び出せるようになり、今まで以上に便利になりました。
さらに、Smart Task Launcherのランチャーにドックに設定しているアプリを登録したことによってアプリを呼び出しやすくなりました。
この組み合わせ、皆さんにオススメしたいです。

他に私がやっているかゆいところに手が届く設定をご紹介します

ほかにもXperiaに変えてからちょっと不便だなと思ったことがあったので、アプリの力を利用してかゆいところに手が届く設定にしてみました。

誤発信防止アプリを入れてみた

AQUOSを使っていた時は勝手にどこかに発信することはなかったのですが、Xperiaに変えてから勝手にどこかに発信することが多くなり、誤発信防止 (Call Confirm)というアプリを入れてみました。

誤発信防止 (Call Confirm)

誤発信防止 (Call Confirm)
開発元:WEST-HINO
無料
posted with アプリーチ

これで誤発信に悩まされることがなくなりました。

マナーモードにしてもメディアの音がなってしまうのを回避する

Xperiaはデフォルトだとマナーモードにしてもメディアの音がなってしまうので、それを防ぐためにManaConnというアプリを入れています。

ManaConn

ManaConn
開発元:benzodev
無料
posted with アプリーチ

アラームを消音だけチェックをはずし、メディアを消音とヘッドホン接続時は除外にチェックを入れるのがオススメです。
これでイヤホンやヘッドホンを接続しているときはメディアの音がなり、外しているときは音がなりません。
アラームは個人的にマナーモードでも音がなって欲しいのでチェックを外しています。

テレビを観るときにスピーカーから音が出るようにする

テレビを観るときはイヤホンをアンテナがわりにしているのですが、そのままの設定だとスピーカーから音が出ません。
それを解決してくれるのがSoundAboutというアプリ。

SoundAbout

SoundAbout
無料
posted with アプリーチ

このアプリからスピーカーに設定すると、イヤホン接続時でも音がスピーカーから出るようになります。
観終わったあとにもとに戻すのを忘れずに(;´∀`)

スポンサーリンク

最後に

いまのHome画面はこんな感じです。

久しぶりにXPERIAのテーマを変えてみた。 今回はぬこ様仕様(*´▽`*)

A post shared by さっちん (@satchin1226) on

Theme BigLollipop

Theme BigLollipop
開発元:desmobox.com
無料
posted with アプリーチ

Theme Xp - KISA

Theme Xp – KISA
開発元:Stark Studio
¥124
posted with アプリーチ

今のテーマは有料ですが、ネコのテーマでHomeボタンを含めて気に入ったものがコレしかなかったので…。
テーマはこのサイトから色々探せますよ。

時計はどちらもときねこというアプリのウィジェット、アイコンはGELというアイコンパックを使ってます。

ときねこ - ねこ時計ウィジェット

ときねこ – ねこ時計ウィジェット
開発元:rainhult
無料
posted with アプリーチ

GEL - Icon Pack

GEL – Icon Pack
開発元:Fraom
無料
posted with アプリーチ

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

\当サイトオススメのテーマ/

\当サイトおすすめのサーバー/

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1年半ぶりにはてなブログからWordPressに戻ってきました。 現在、働く3児の母/スプラトゥーンウデマエB帯/へっぽこポケモントレーナー(Not ポケモンGO)

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。→https://love-2nd.net/about