Simplicityとエックスサーバーで簡単にサイトをSSL対応(HTTPS化)しよう

当サイトも先日SSL対応しましたので、その覚書です。
Simplicityの作者で寝ログを運営しているわいひらさんがわかりやすくまとめてくれているので、私でも簡単にできました。
もしやろうかどうか迷ってるなら早めの方がいいですよ。
エントリーが少なければ少ないほど楽なので。

SSL(HTTPS)化の手順

途中まではこちらの順番で行っていきます。

参考

WordpressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)寝ログ

データベースのバックアップを取る

わいひらさんはプラグインを使っていますが、私は普段からまろさんのこちらの方法でバックアップを取っているので、プラグインを使わずにバックアップを取りました。

参考

ブログのバックアップを取ろうまろろぐ

データベースは「phpMyAdmin」を使ってエクスポートするのが一番確実だと思ってます。

ただ、エックスサーバーのphpMyAdminはちょっとバージョンが古くて使いにくいので、新しいバージョンをサーバーにインストールして使っています。

参考

phpMyAdminを使ってWordPressのデータベースを操作する方法まろろぐ

サーバーにインストールする方法はこちらが参考になります。

エックスサーバーでSSL新規取得申請をする

エックスサーバーのサーバーパネルからSSL設定→ドメイン選択→独自SSL設定の追加で申請できます。
設定が反映されるまで1時間ぐらいかかりました。

WordPressの設定画面でサイトのURLを変更する

設定→一般設定のWordPressアドレス(URL)サイトアドレス(URL)をそれぞれhttp://からhttps://に変更します。

内部リンクを置換する

わいひらさんはプラグインを使っていますが、私はまろさんのphpMyadminで置換する方法にしました。

参考

XSERVERの無料独自SSLを使ってブログをHTTPS化する方法まろろぐ

.htaccessにリダイレクト用のコードを追記する

これはわいひらさんのコードをそのままコピペでOKです。

Simplicityの内部URLをSSL対応

ここまできたらあとはSimplicityの外観→カスタマイズ→その他→内部URLをSSL対応(簡易版)を有効にするだけでサイトがSSL対応になっているはずです。

参考

Simplicityの「簡単SSL対応」機能を用いてサイトをSSL化する方法Simplicity

セキュリティー状態のチェック

念のため寝ログに掲載されている方法でチェックしたところ、ハマりました。
PCで見ると混在コンテンツ状態になり緑のカギが表示されず、スマホで見るとカギが表示されるという状態だったので原因は特定しやすかったんですが、それに気づくまでしばらくかかりました。

原因の外部ウィジェットを外すと無事にPCでも緑のカギが表示されるようになりました。

サイトのURLを登録しているサービスのURLを変更する

一部のサイトは寝ログで詳しく説明してくれていますので参考にして下さい。
一応リダイレクトしていますが、変更できるものは全部変更しておいたほうがいいと思います。

最後に

わいひらさんとまろさんがいろいろわかりやすくまとめてくれているので、私でも簡単にSSL対応(HTTP化)することができました。
サーバー移転したばかりなので、SNSのカウントは引き継ぎしませんでしたが、エントリーが少ないうちならホントに簡単にできると思います。

実はAMP化も試みたのですが、Simple Author Boxのプロフィール画像や、その他にも結構な数のエラーが出ていて心が折れそうだったので、そっと解除しました(;´∀`)
いつかリベンジしようと思っていますが、いつになることやら。

コメントを残す