現在インストールしているWordPressのプラグインを紹介するよ@Simplicity編

注意
現在はテーマをSANGOに変更しています。
情報が古くなって使えなくなるものが出てくる可能性がありますので、このエントリーは参考程度にとどめておいて下さい。
現在の状況は下記エントリーで確認できます。

テーマをSTORKからSANGOに変えたのでカスタマイズやプラグインをまとめてみるよ

2017.09.29

当サイトでは2017/3/16現在19個のプラグインが常時動いています。
同じ環境で運営しているみなさんの参考になればと思い、当サイトにインストールしているプラグインを紹介しちゃいます。

当ブログのスペック

現在の当ブログのスペックはこんな感じです。

  • サーバー:エックスサーバー
  • OS:Linux
  • CPU:Xeon E5-2640 v4( 2.40GHz ) x 2
  • メモリー:192GB
  • Apacheバージョン:2.4.6
  • PHP7バージョン:7.0.9
  • MySQLバージョン:5.7.x
  • PHP高速化設定(FastCGI化):ON
  • mod_pagespeed設定:ON
  • WordPressバージョン:4.7.3–ja
  • テーマ:Simplicity2.5.0

基本的には全て最新バージョンでの運営です。

最初からインストールされているプラグイン

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

参考

AkismetWordPress プラグイン

ブログをスパムから保護してくれるので、インストールしたら一番最初に有効化しています。

WP Multibyte Patch

参考

WP Multibyte PatchEastCoder;

WordPressを日本語環境で正しく動作させるために欠かせません。

この2つは必須のプラグインですね。

常時有効化しているプラグイン

AddQuicktag

参考

AddQuicktagWordPress プラグイン

HTML エディターやビジュアルリッチエディターで使用できるクイックタグを簡単に追加・管理できます。

Broken Link Checker

参考

Broken Link CheckerWordPress プラグイン

ブログ内のリンク切れをダッシュボードでお知らせしてくれます。

CFiltering

参考

CFilteringWordPress プラグイン

ユーザーの閲覧履歴を元に精度の高い関連記事を表示してくれます。

Contact Form 7

参考

Contact Form 7Contact Form 7

簡単にお問い合わせフォームが作成できます。
カスタマイズ方法は下記エントリーが参考になります。

参考

Contact Form 7のCSSデザインとカスタマイズ方法ブログ初心者応援サイト:Naifix

EWWW Image Optimizer

参考

EWWW Image OptimizerWordPress プラグイン

インストールしておけばブログにアップした画像をロスレス圧縮してくれます。

Font Awesome 4 Menus

参考

Font Awesome 4 MenusWordPress プラグイン

スタイルシートで指定すればいいんだよなぁと思いつつ、簡単にメニューにFont Awesome 4 のアイコンを表示できるので使っています。

footnotes

参考

footnotesWordPress プラグイン

はてなブログで便利に使っていた脚注が、WordPressでも簡単に使えるようになります。
このプラグインははてな記法と同じ方法で脚注を挿入できるので、違和感なく使えます。

Google XML Sitemaps

参考

Google XML SitemapsWordPress プラグイン

グーグル先生などの検索エンジン用のXMLサイトマップを作成し、更新されるたびに通知してくれます。

Jetpack by WordPress.com

参考

Jetpack by WordPress.comWordPress プラグイン

たくさんの機能が1つに詰まったプラグイン。

当サイトで有効にしている機能は

  • サイト統計情報
  • パブリサイズ共有
  • コメント
  • 拡張配信
  • Photon

以上の5つです。

サイト統計情報は、WordPress.comと連携してダッシュボードに統計情報を表示してくれるので便利です。
パブリサイズ共有は、Twitter、Facebookページ、Google+ページに更新情報を同時に通知してくれます。
コメントは、WordPressでのログイン、メールアドレスの入力の他に、Twitter、Facebook、Google+のアカウントでログインしてコメントを残すことができるので、従来のものよりコメントに対するハードルが低くなるかもと思い、有効にしています。

あとの2つは試験的に有効にしていますが効果が感じられなかったら無効にする予定です。

PS Auto Sitemap

参考

PS Auto SitemapWordPress プラグイン

こちらは来訪者向けのサイトマップを表示してくれるものです。
デザインや表示方法もいろいろ選べます。

PubSubHubbub

参考

WebSub/PubSubHubbubWordPress プラグイン

パクリサイト対策にGoogleに素早くインデックスしてもらうために入れています。

Redirection

参考

RedirectionWordPress プラグイン

はてなブログからこちらに移転したときに、URLの引き継ぎがうまくいかなかったエントリーだけ、このプラグインを使って正しいURLにリダイレクトしています。

Table of Contents Plus

参考

Table of Contents PlusWordPress プラグイン

エントリーに目次を自動的に表示してくれます。

VA Social Buzz

参考

VA Social BuzzWordPress プラグイン

記事下にFacebookページへのおしゃれないいね!ボタンを表示してくれます。
当サイトではアドオンを導入してシェアボタンとフォローボタンを非表示にし、記事したとサイドバーにいいね!ボタンを表示しています。

WordPress Popular Posts

参考

WordPress Popular PostsWordPress プラグイン

ブログの人気記事を表示してくれるだけじゃなく、Simplicityと連携するとログインユーザー限定で記事ごとのアクセス数を見ることができるようになります。

WP Fastest Cache

参考

WP Fastest CacheWordPress プラグイン

Simplicityとも相性がよく、簡単に設定できるキャッシュプラグイン。
有効にできるものはほとんど有効にして使っています。

Revision Control

参考

Revision ControlWordPress プラグイン

ほっとくとデータを圧迫してしまうリビジョンの数をコントロールしてくれます。
当サイトでは投稿は2、それ以外は0で設定しています。

使う時だけ有効にしているプラグイン

Admin Post Navigation

参考

Admin Post NavigationWordPress プラグイン

投稿画面で前後の記事へのリンクを表示してくれるので、過去記事の見直しに便利です。

Optimize Database after Deleting Revisions

参考

Optimize Database after Deleting RevisionsWordPress プラグイン

データベースを最適化してくれたり、不要なリビジョンなどを削除してくれます。

最後に

個人的にプラグインは20個超えたら多いなと感じているので、なるべく20個以内に抑えるようにしています。
現在は19個なので、他に使いたいプラグインが出てきたら、既にインストールされているプラグインの中から他で代用できそうなものを選んで入れ替えているといった感じです。

みなさんの参考になれば幸いです。

コメントを残す