​Androidでモブログ環境を整える

私がAndroidのモブログについて調べ始めたのは、あずさんのあるエントリーがきっかけでした。
​そのエントリーがこちらです。

参考

モブログするならPressSync Pro一択!便利な使い方を画像50枚で徹底解説。 あずさんち

​あずさんはカスタマイズも含めてほとんどの作業をiPhoneとiPadだけでやってるすごい人なんです。​
​私もiPhoneを使っていたときはするぷろやPressSyncなどを駆使してエントリーをアップしていました。

私が​Androidに戻して唯一後悔したのが、快適なモブログ環境がないということでした。
​それくらい、iPhoneでのモブログは快適だったんです。

​Androidに戻したばかりの頃は、Androidのモブログについて調べてもほとんど情報がありませんでした。
​そのため、Jota+というエディタに辞書登録を駆使して下書きしたものを、公式アプリやブラウザの投稿画面に貼り付けてアップするという地道な作業をしていました。

​しかし、iPhoneの様にブログに特化したエディタがあるわけでもないし、タグ入力支援があるわけでもないので、Androidでのモブログは早々と断念してしまいました。

​AndroidでモブログするにはMarkdownがいいらしい

​改めてAndroidでのモブログについて調べてみると、Markdownがいいらしいとの情報を見つけました。

​Markdownとは

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。

引用 Markdown – Wikipedia

​HTMLに比べると簡単に見出しなどを表現することができるようになっています。
​簡単な記法さえ覚えてしまえば、普通にテキストを書く感覚で体裁を整えることができるので、モブログには特におすすめの記法だと思います。
​はてな記法みたいな感じですね。

​WordPressでマークダウンを使うには?

​Jetpackを入れている方はMarkdownの項目をオンにするだけでMarkdown記法を使うことができます。
​Jetpackを入れていない方用に、Markdownの部分だけを抜き出したプラグイン、JP Markdownもあります。
​WordPressでつかえるMarkdown記法については下記エントリーで確認してください。

参考

Markdown quick reference — Support — WordPress.com


​もう一度Androidでのモブログを試してみようと思い、Markdown記法を支援してくれるWriteily Proというアプリもインストールしてみました。

Writeily Pro

Writeily Pro
開発元:Pedro Lafuente
無料
posted with アプリーチ

​AndroidでモブログするにはWorkFlowyがいいらしい

​Androidでのモブログについてさらに調べていると、WorkFlowyがいいらしいという情報をみつけ、さっそく使ってみることにしました。

​WorkFlowyとはアウトライナーとかアウトラインプロセッサーといわれているものの1つで、ブラウザベースなのでデータをクラウドで管理できるというのが特徴です。
​なので、ブラウザさえあればPCでもスマホでも使えますし、データの同期も簡単にできます。

​WorkFlowyが初めての人は、まずこの本を読んでおこう

​クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門

​WorkFlowyの特徴や使い方について詳しくかかれていますので、この本を読めば自分なりの使い方が何となく見えてくると思います。
​私も色々と参考にさせていただきました。

​まずは登録しよう

​WorkFlowyは250トピックまでという制限がありますが、無料で登録できます。
​最初は250トピックでも充分だと思いますが、このリンクから登録していただければお互い250トピックずつ増えるので、500トピックまで無料で使えるようになります。

​もっといろんな使い方が知りたくなったらこの2つのサイトをチェックしよう

​WorkFlowyの使い方を詳しくまとめてくれている2つのブログがあります。

参考

WorkFlowyの丁寧な説明単純作業に心を込めて

参考

アウトライナー『WorkFlowy』の使い方・活用法まとめらくたのぶろぐ

​どちらもかなりのボリュームなので、この2つのエントリーを見ればいろんなヒントをもらえると思います。

​MemoFlowyとHandyFlowy

​WorkFlowyを使う上で欠かせないアプリがMemoFlowyとHandyFlowyです。
​MemoFlowyで思いついたことをinbox(とりあえずメモをinboxに設定しています)にぽんぽん放り込み、それをHandyFlowyで並び替えたり、項目を付け足したりして文章を組み立てています。

モブログに欠かせない2つのアプリ、MemoFlowyとWriteily Pro

A post shared by さっちん (@musukosuhaha) on

​1枚目の写真左側がMemoFlowyです。
​思い付くままメモしたあと、右下のWorkFlowyのアイコンを上にスワイプすると、WorkFlowyのとりあえずメモのトピックにアイデアがたまるようになっています。

​2枚目の写真はHandyFlowyで実際に文章を組み立てている図です。
​どちらも無料アプリでiPhoneのアプリもあります。

​ただし、拡張機能を使うには600円かかります。
​私はハサミスクリプトメーカーで作ったハサミスクリプトをHandyFlowyにインストールして使いたかったので、HandyFlowyだけ課金しています。

​ハサミスクリプトとはWorkFlowyのアウトラインからhtmlタグやmarkdownに変換するためのスクリプトで、ハサミスクリプトメーカーはハサミスクリプトを簡単に作成するために作られたものです。

参考

HASAMI script markerHASAMI script marker

​ハサミスクリプトメーカーではHandyFlowyの拡張スクリプトだけでなく、ブックマークレットも作成できます。
​私はスマホでは拡張スクリプト、PCではブックマークレットで、Markdown方式で書き出すようにしています。

​Androidでもブラウザでブックマークレットが使えますが、アドレスバーにブックマークレットの名前を入力して呼び出し→実行されて出てきたものをコピー(慣れるまで大変)→ペーストと手間がかかります。

​その点、拡張スクリプトならハサミスクリプトをタッチするだけで書き出したものをクリップボードに保存してくれるので、行程を短縮できます。
​ツールボタンや見た目のカスタマイズもできるようになるし、広告も非表示になるので、課金して損はないと思います。

​公式アプリより便利ですし、公式アプリの使い道が見当たらないので、WorkFlowyのアプリはMemoFlowyとHandyFlowyを入れておけば問題ないです。

MemoFlowy ( WorkFlowy専用メモアプリ )

MemoFlowy ( WorkFlowy専用メモアプリ )
開発元:MARUMI
無料
posted with アプリーチ

HandyFlowy

HandyFlowy
開発元:MARUMI
無料
posted with アプリーチ

​ここから仕上げの作業

​ハサミスクリプトを使ってマークダウン方式で切り出したらWriteily Proに貼り付けます。
​先程の1枚目の写真のMemoFlowyの右隣がWriteily Proです。
​下に入力支援のツールバーがあり、右上の目玉のアイコンでプレビューもできるので、最終チェックに使っています。

​問題なければWriteily Proからブラウザの投稿画面に貼り付け→スラッグ、カテゴリー、タグ、アイキャッチ等の設定まで行った状態でプレビューします。
​プレビューして問題なければそのまま投稿して終了です。

​Androidでモブログ意外と簡単?

​ChromeをPCで使っていればブックマークレットをスマホと同期できます。
​リンクや引用、ブログカードのブックマークレットを入れておくと捗ります。

​HandyFlowyは3つタブを開いておくことができるので、タブ1は執筆中トピック、タブ2はショートコードなどをまとめてあるブログ用倉庫のトピック、タブ3はホームを開くように設定して、自由に行き来できるようにしています。
​ショートコードを使う場面も多いので、タブ2からコピペして使ってます。

​辞書登録も駆使していますが、コピペをかなり多用するので、aNdCripは入れておいた方がいいです。

aNdClip クリップボード拡張 Free版

aNdClip クリップボード拡張 Free版
開発元:amazing-create
無料
posted with アプリーチ


​アイキャッチはphontoというアプリで簡単に作れます。
​あずさんがわかりやすく説明してくれています。

参考

無料アプリ「Phonto」でスマホだけでお洒落なアイキャッチ画像を作る方法あずさんち

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

​とても簡単にアイキャッチの画像が作れますが、Android版は画像の加工ができないので注意してください。

​画像を探すときはO-DANという横断検索サイトが便利です。

参考

無料写真素材・フリーフォト検索O-DAN(オーダン)


​アイキャッチはTinyPNGというWebサービスでサイズを小さくしてからアップロードしています。

参考

Compress PNG images while preserving transparencyTinyPNG

​おまけ~PCでWordPressに投稿するときは

​FirefoxをWorkFlowy専用にするのをすすめられることが多いですが、私はChromeでタブを行き来する方が楽なので、Porter for WorkFlowyをChromeにインストールして使っています。

​Porter for WorkFlowyならテーマで見た目も変えられるのでStylishもいらないですし、文章を組み立てたらそのままマークダウン方式かHTML方式で文章を切り出せるので便利です。
​専用のブックマークもあり、必要なときだけ右下に出てくるので、じゃまにならないのも気に入っています。
​書くのに集中したければ別ウインドウで開くことも可能です。

​詳しい使い方は作者さんがまとめてくださっているので、そちらを見ればバッチリです!

参考

Porter for WorkFlowyユーザマニュアルnamaraii.com

​最後に

​この記事と2つ前の記事はアイキャッチも含めて全部スマホだけで仕上げました。
​通勤時間などを利用してMemoFlowyに思いついたことをぽんぽん放り込み、HandyFlowyで文章を組み立てるという作業が今の私にはあっている気がしますので、しばらくこのスタイルを続けていこうと思います。

​Androidのモブログ情報はiPhoneに比べてとても少ないので、もっといい方法があったら教えていただけると嬉しいです。
​みんなでAndroidのもっと情報を共有していけるようになるといいなぁと思ってます。

​このエントリーをみてWorkFlowyを使ってみたくなった方は、ぜひ下のボタンから登録をお願いします。

コメントを残す