子宮腺筋症からの突然のCIN3宣告~手術します~

タイトルの通りなんですが、10月に手術することになりました。
特に男性の方はタイトルをみてもなんのこっちゃだと思いますので、順番に説明していきたいと思います。

子宮腺筋症とは

子宮腺筋症とは子宮内膜症の一種です。
なので、まず子宮内膜症について説明します。

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、本来は子宮の内腔にしかないはずの子宮内膜の組織が、卵巣や卵管など子宮内以外の場所にできる病気です。正常に生殖機能が働いている女性の約7〜10%に見られ、特に20〜40歳代の女性に発症しやすいといわれています(※1,2)。 子宮内膜症が体内のどこで増殖するかは人それぞれですが、卵巣や子宮、骨盤内を覆う腹膜などに発生しやすく、特に卵巣に子宮内膜症ができた場合は「チョコレート嚢胞」と呼ばれます。

引用 子宮内膜症とは?原因や症状、治療法は?手術費用はいくら? – こそだてハック

本来女性はこの子宮内膜の組織がはがれ落ちた時に出血します(いわゆる生理ですね)。
生理の状態が子宮以外のところでおきるのが子宮内膜症です。
チョコレート嚢胞という名前は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

子宮腺筋症とは

さきほど子宮腺筋症とは子宮内膜症の一種というお話をしました。

子宮以外のところに子宮内膜の組織ができるのが子宮内膜症ですが、子宮腺筋症は子宮の壁の中に子宮内膜の組織ができます。
そのため、子宮の壁が厚くなり、子宮自体の大きさも症状が進行していくにつれてどんどん大きくなってしまいます。

子宮がおおきくなっている分出血のときの子宮の収縮も激しいので、生理痛もひどかったですし、出血の量もおおかったので貧血にもなりました。
生理痛に関しては陣痛のほうが楽だったぐらいつらかったですし、出血に関してはタンポンとパンツ型ナプキンでも1時間ぐらいしかもたないという状況で、とても仕事に行ける状態ではありませんでした。

診断を受けたときには壁の大きさも子宮の大きさも通常の1.5倍だといわれました。

どのような治療をするの?

排卵をとめないとどんどん進行してしまいます。
治療方法としては、月1回のホルモン注射か、低用量ピル(ルナベル)を飲むかのどちらかということで、私はルナベルを飲む方を選びました。

診断を受けたのが2009年の7月頃なので、もうかれこれ8年ほどルナベルの服用と、処方と検査のため3ヶ月おきの通院を続けています。

HPV保有者であることが判明

子宮頸がんワクチンの副作用がニュースにとりあげられていたので、子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因だというのをご存じの方もいらしゃるのではないでしょうか。
私も数年前の検査でHPVに感染していることが判明しました。

ウイルスには高リスク型と低リスク型があり、子宮頸がんの原因になるのは高リスク型のものです。

高リスク型のHPVが子宮頸部に感染しても症状はなく、殆どの感染は数年で自然に治ります。 しかし一部に長い間感染が続くことがあり、その中のさらに一部の子宮頸部にがんが発生することがあります。

引用 原因ウイルスHPVとは? | 子宮頸がん予防情報サイト もっと守ろう.jp | MSD

引用元にもあるように、長い間感染が続くこともあることがわかっていて、いまの私がまさにその状態です。

突然のCIN3宣告

7月の検査で突然のCIN3宣告を受けました。
CIN3ってなんぞや?と思っている方も多いでしょうから説明していきますね。
私自身もCIN3ってなに?っていう状態でしたので。

CIN3とは子宮頸部異形成のやばい状態

子宮頸部異形成とは子宮頸がん一歩手前の子宮頸部に病変が起きている状態で、進行状況によって軽度異形成(CIN1)→中等度異形成(CIN2)→高度異形成(CIN3)の3つにわけられます。

私はずっとCIN1とCIN2をいったりきたりしていたのですが、CIN2までは自然治癒することもおおいため、経過観察しましょうという方針でした。

4月の検診ではCIN1だったのでのんきにかまえていたのですが、7月の検診でまさかのCIN3宣告。
CIN3はCIN2までとちがって、自然治癒することはほぼないといわれています。

CIN3には高度異形成だけではなく上皮内がんも含まれているため、診断は高度異形成だったとしても、手術の結果上皮内がんがみつかることもあるようです。
私にもその可能性があるため、10月に手術をすることになりました。

子宮頸部円錐切除術

今回の手術は子宮頸部円錐切除術という、子宮の入口を円錐形に切り取るというものです。

参考

子宮頸部異形成について東邦大学医療センター大橋病院 婦人科

すでに私は3人子どもを産んでいて子宮温存の必要もないので、子宮全摘でもいいのですが(うちの母は全摘だと思ってたらしい)、私はホルモンバランスの変化で体調を崩しやすいので、子宮全摘は最終手段にしましょうといわれています。

手術までのスケジュール

手術までのスケジュールは、もともと定期検診の予定で予約を入れていた10/17に手術前検査、10/23に麻酔科受診、10/24に入院・手術、10/25に退院となっています。

いままで日帰りで小さいポリープをとったりしたことはありましたが、入院しての本格的な手術ははじめてなので、正直不安でいっぱいです。
でも、長年お世話になっている先生をしんじて、当日はどんとかまえて手術にのぞみたいと思います。

最後に

先日、Androidでモブログをする方法についてまとめましたが、実は、入院中にリアルタイムで情報をお伝えしたいからでした。

​Androidでモブログ環境を整える

2017.09.23

現在、あまり体調がよくなく、ムスコスの行事を優先したいため、仕事もセーブしている状況ですが、元気に手術成功の報告や退院報告ができるよう頑張ります。

みなさんのパワーをぜひわけて下さい!

コメントを残す