今スターサーバーに申し込むと利用料金が2ヶ月無料 !7月31日まで!

若い女性が婦人科を受診してピルをもらっちゃダメなの?

今は非公開になっていますが、Twitterである若い女性の書き込みが話題になっていました。
こちらの記事でそのツイートがまとめられています。

私は実際にそのツイートを見ていて、同じ婦人科治療を受けている身として悲しくなりました。

若い人がみんな中絶したくて婦人科に行く訳じゃない

彼女に対しこんな心無い声が聞こえてきました。

「若いのに、むやみに行為をするからこういう所に来なきゃいけなくなるんだ」
「お腹の子には、罪はないのにねえ」
「これだから、ゆとり世代には責任感がないから嫌だ」

引用 産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った – grape

確かに中には中絶目的で受診する人もいるかもしれません。
でも、その妊娠が望まれないものだったとしたら?
犯罪に巻き込まれての妊娠だってあるかもしれないのです。

また、若い女性の婦人科受診=妊娠と考える方は年配の方に多いと思うのですが、今は時代が変わって治療目的で受診してる方がほとんどです。
実際彼女も月経困難症の治療目的での受診です。

婦人科で処方されるピルは治療用の低用量のもの

先程の女性は、病院にピルをもらいに行ったときにもこんな心ないことを言われたそうです。

「世の中、不妊治療をして苦しんでいる人がいるのに、どうしてわざわざ子どもが産めないようにするんだろう」
「ピルを飲んだら妊娠しないからって、きっと避妊具なしで遊びまくるんだよ」
「わざと妊娠できなくする人は、本当に子どもが欲しい時にできなければいいのに」

引用 産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った – grape

確かにピルを飲むことによって避妊もできます。
でもそうじゃないんです。

さらに、彼女はこんなことも言われたそうです。

「たかが生理痛でピルを飲むなんて、甘えだね」
「私たちが若かったころは、生理痛でも休んだりしなかったのに」

引用 産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った – grape

確かにその人たちの時代には治療目的でピルは処方されてなかったかもしれないし、生理休暇とかの制度がなかったかもしれない。
でも、今は時代が変わって治療用の低用量ピルに保険も適用されているし、ジェネリック薬品も開発されています。
生理休暇が認められている企業も多いと思います。

彼女のツイートを見ても月経困難症の治療のためにピルを飲んでいることがわかりますよね。

月経困難症とは

月経困難症とはどのようなものかわからない方も多いと思いますので、わかりやすく説明されているサイトを紹介します。

彼女がどちらのタイプかはわかりませんが月経困難症には2つのタイプがあり、私は2の子宮腺筋症が原因でした。

  1. 機能性月経困難症(強い子宮収縮が原因)
    • 身体的な原因(病気)が存在しないにも関わらず、症状が出る
    • 子宮や卵巣が未成熟であることや、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンが子宮を過剰に収縮させている
    • ストレスなど
    • 思春期に多くみられる
  2. 器質性月経困難症(病気が原因)
    • 直接的な原因となる病気が存在する
    • 原因は、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症など

引用 月経困難症について:ワタシのカラダ相談室-持田製薬株式会社

子宮腺筋症治療~私の場合~

私が治療目的で婦人科を受診したのは2009年の6月頃。
私が診断を受けた子宮腺筋症という病気は、子宮の壁の中にも子宮内膜の組織ができて出血を起こす、子宮内膜症の一種です。

さっちん

私の場合、生理中は夜用のパンツ型のナプキンと多いとき用のタンポンを併用しても1時間持たないくらい出血が多く、仕事に行ける状況ではありませんでした。
婦人科を受診したときには子宮の壁が厚くなっていて、子宮の大きさも一般的な大きさの1.5倍になっていました。

1.5倍の大きさになった子宮が収縮して出血を起こすんですから、お腹の痛みも出血もひどいのは当たり前です。
さらに腰痛、発熱、吐き気などもありました。
腹痛だけに関していえば、陣痛のほうが楽だったくらい。

子宮腺筋症に限らず月経困難症の治療はホルモンバランスを一定に保ち、排卵を抑えることが必要になってきます。
私の場合は、月1回のホルモン注射(1回当時約1万円くらい)と、ルナベルという治療用の低用量ピル(1シート28日分、3シートで当時は約6000円台。今はジェネリックもあるのでもう少し安い)を飲み続ける方法の2択だったんですが、費用面を考えルナベルでの治療を選択しました。

ルナベルは1シート21錠で、3週間決まった時間に1錠ずつ飲み続け、1週間お休みするというサイクルを毎月繰り返します。
この休薬期間中に生理のような出血があるのですが、排卵がないぶん出血も痛みも軽いです。

低用量ピルについてはこちらがわかりやすいです。

ピルには副作用として吐き気や血栓症が起こる可能性があるといわれています。
そのため、乳がん検診は毎年受けるように言われています。

私は婦人科の治療を続けてかれこれ10年近くになります。
子宮頚部高度異形成(CIN3)の手術後はルナベルは飲んでいないのですが、子宮の大きさももとに戻りましたし、月経周期も一定になりました。
彼女の症状も治療を続けていればきっと楽になると思うので、心無い声に負けずに頑張ってほしいなぁと思います。

最後に

彼女はこんなこともつぶやいています。

同じ女性なのに、まったく理解がないなんて悲しいです。
どうして、産婦人科でピルを処方してもらうだけで、こんなにも心ない言葉をいわれないといけないのでしょうか…。
心の中で思ったとしても、口には出さないでほしかったです。

引用 産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った – grape

これに対し、

「制服を着たまま、治療目的で産婦人科に行ったら、性にだらしないというウワサを流された」
「若いころに産婦人科に行ったら、来院していた女性に『中絶しに来たのか』といわれた」

引用 産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った – grape

という同じような経験をした方々からのコメントがたくさんありました。

私個人の意見としては、若い女性が何か異変を感じたときに婦人科を受診できるのは、病気の早期発見にもなりとてもいいことだと思っています。
無知な大人の偏見が彼女たちを苦しめていると思いますので、少しでもこのエントリーで現在の婦人科治療の実態を知っていただき、偏見による心無い声が減ってくれるといいなぁと思います。

ピルを飲むことは避妊だけじゃなく、月経困難症の治療にもなり、将来妊娠しやすい身体を作ることにもつながっているんだということをぜひ知って下さい。

私は幸い心ない言葉をかけられたことはないけれど、同じように婦人科の治療で頑張っている皆さん、きっと理解をしてくれる人もいるはずですので、負けないで治療を続けてくださいね。
応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です