SANGO+PORIPU+スターサーバーまとめ【後編】

前編ではカスタマイズを中心にまとめました。

SANGO+PORIPU+スターサーバーまとめ【前編】

後編ではこのブログで使っているプラグインをまとめています。

さっちん

このブログでは現在24個のプラグインが動いています。

最初からインストールされているプラグイン

WP Multibyte Patch

参考 WP Multibyte PatchEastCoder;

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグイン。

さっちん

最初からインストールされていますので必ず有効化しましょう。

入力を支援してくれるプラグイン

今回SANGOとPORIPU専用のプラグインを2つあらたにインストールしました。

3つの使い分けもあわせて紹介します。

AddQuicktag

参考 AddQuicktagWordPress.org

HTML エディターやビジュアルリッチエディターで定型入力に使用できるクイックタグを簡単に追加・管理できます。

All ShortCode of SANGO

SANGOのすべてのショートコードを視覚的にビジュアルエディタに挿入できるプラグイン。

参考 SANGOのショートコードを簡単に挿入できるプラグイン「All ShortCode of SANGO」を開発したよWeBlog Geek

こはるさんの記事がとてもわかりやすいです。

参考 SANGOがもっと便利に!「All ShortCode of SANGO」でショートコードを簡単に貼ろうこはるのおうち手帖

SANGOサポーター

WordPressテーマ「SANGO」と「PORIPU」をさらに便利にしてくれるプラグイン。

参考 SANGOサポーターの使い方【こじかWPプラグイン】こじかショップ

こちらもこはるさんがわかりやすく説明してくださいました。

参考 プラグイン「SANGOサポーター」でSANGO&PORIPUユーザーのブログ効率がさらにアップするよ!こはるのおうち手帖

さっちん

3つの使い分けですが、SANGO特有のショートコードはAll ShortCode of SANGO、PORIPUの追加コードと参考リンクはSANGOサポーター、どちらにもないものはAddQuicktagを使っています。
AddQuicktagのタグが少なくなってエディタの見た目がスッキリしました。

もしものために備えるプラグイン

All-in-One WP Migration

参考 All-in-One WP MigrationWordPress.org

すべてのブログデータを移行するツール。

1クリックでブログコンテンツをインポートまたはエクスポートします。

私はバックアップに使っています。

Edit Author Slug

参考 Edit Author SlugWordPress.org

管理者(または資格のあるユーザー)がユーザーのauthor slugの編集やAuthor Baseの変更ができるプラグイン。

訪問者にユーザーIDが表示されるのを防いでくれるので、セキュリティ強化にもつながります。

ゆうこりんさんの記事がわかりやすいです。

参考 Edit Author SlugでワードプレスのユーザーIDを隠す方法ゆころぐ

Invisible reCaptcha

参考 Invisible reCaptcha for WordPressWordPress.org

Googleの新しいInvisible reCaptchaとWordPressサイトを統合する非常に強力なプラグイン。

ゆうこりんさんの記事を参考に設定しました。

参考 Invisible reCAPTCHAを使ってワードプレスを守る【スパム対策】ゆころぐ

SEO対策のためのプラグイン

Broken Link Checker

参考 Broken Link CheckerWordPress.org

壊れたリンクや存在しない画像がないかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードで通知してくれます。

Google XML Sitemaps

参考 Google XML SitemapsWordPress.org

Google、Bing、Yahooなどの検索エンジンがサイトのインデックスを作成するためのXMLサイトマップを作成し、送信してくれるプラグイン。

サルワカさんの記事がわかりやすいです。

参考 【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

PS Auto Sitemap

参考 PS Auto SitemapWordPress.org

WordPress サイトのページにサイトマップを出力してくれるプラグイン。

このサイトではサイトマップのページから全記事一覧としてリンクを貼っています。

Redirection

参考 RedirectionWordPress.org

301のリダイレクトを簡単に設定し、管理してくれるプラグイン。

正規表現が使えるので、パーマリンクを変更したときにも使えます。

私ははてなからの引き継ぎがうまく行かなかったものと、パーマリンク変更後のリダイレクトのために使用しています。

パーマリンク変更の際はもぐさんの記事がとても参考になりました。

参考 WordPressリダイレクト用プラグイン「Redirection」のススメ時機到来(じきとうらい)

WordPress Ping Optimizer

参考 WordPress Ping OptimizerWordPress.org

新規更新時のみpingを送信し、投稿を編集するたびに不必要にping送信するのを防いでくれます。

はたさんの記事を参考に設定しました。

参考 【最新2018年番】WordPress Ping Optimizer設定と使い方・エラー対策はたの雑記ブログ

高速化のためのプラグイン

EWWW Image Optimizer

参考 EWWW Image OptimizerWordPress.org

WordPress内の画像のファイルサイズを縮小してくれます。

いつもはTinyPNGでファイルサイズを縮小してからアップロードしていますが、忘れたときでもこのプラグインが自動で縮小してくれるので保険で入れています。

Optimize Database after Deleting Revisions

参考 Optimize Database after Deleting RevisionsWordPress.org

たまったリビジョンを削除したりデータベースを最適化してくれるプラグイン。

いわしさんの記事を参考に1週間に1度自動で最適化する設定にしています。

参考 WordPressのリビジョンとデータベースを最適化 Optimize Database after Deleting Revisionsいわしブログ

WP Fastest Cache + WP Fastest Cache Premium

参考 WP Fastest CacheWordPress.org

最もシンプルで速いWPキャッシュプラグイン。

このサイトの設定はこんな感じです。

WP Fastest Cache設定

下から3つ目にチェックを入れていないのはカスタマイザーに同じ設定があるからです。

カスタマイザーの同じ設定

商品リンクを簡単に作成できるプラグイン

いままではカエレバでリンクを貼っていましたが、コードが長く編集画面を圧迫してしまうのが悩みでした。

それを解消してくれるのがこれから紹介する2つのプラグイン。

どちらもショートコードで簡単にリンクを作成できるので画面もスッキリします。

以下の2点の理由から使用頻度はRinker>WPアソシエイトポストR2>カエレバとなっています。

Rinkerが1番の理由

  • もしもに対応している
  • 1度作成した商品リンクを呼び出せる

さっちん

下記2つのプラグインは共通の設定項目がいくつかあるので、両方インストールする場合は両方の設定画面を開いて同時に設定するのがオススメです。
PORIPUにはカエレバと見た目がおなじになるようにcssが用意されています。

Rinker

参考 商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイトおやこそだて

商品リンクの管理を楽にしてくれるプラグイン。

ゆうこりんさんの記事を参考に設定しました。

参考 Rinker(リンカー)が便利!導入と使い方を解説するよゆころぐ

WPアソシエイトポストR2

参考 WP Associate Post R2WP Associate Post R2

アフィリエイトリンクをかんたんに作成できるプラグイン。

「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」「Yahoo!ショッピング(バリューコマースアフィリエイト)」に対応し、ブログ収益化に貢献してくれます。

Rinkerは販売していない商品はリンクの作成ができませんが、WPアソシエイトポストR2(以下WPAP)は商品のページがあれば現在取り扱っていない商品でもリンクが作成できます。

ブックマークレットで簡単にリンクが作成できるのも嬉しいです。

参考 WPアソシエイトポストR2のショートコードを1秒で生成するブックマークレットでAmazonの商品リンクを作るとめちゃくちゃ便利hazilog

その他のプラグイン

Check Copy Contents(CCC)

参考 Check Copy Contents(CCC)WordPress.org 参考 WordPress:誰かが記事をコピーしたら教えてくれるプラグインCCC(Check Copy Contents)を作ってみた。着ぐるみ追い剥ぎペンギン

誰かが記事をコピーしたらメールで通知してくれるプラグイン。

お試しで入れてみました。

Contact Form 7

参考 Contact Form 7WordPress.org

シンプルなお問い合わせフォームを作成できるプラグイン。

フォームとメールの内容を簡単なマークアップで柔軟にカスタマイズでき、複数管理も可能です。

SNS Count Cache

参考 SNS Count CacheWordPress.org

Twitter、Facebook、Google+、Pocket、はてなブックマークなどのシェア数を取得し、バックグラウンドでキャッシュし、キャッシュからシェア数を呼び出して表示してくれるプラグイン。

Table of Contents Plus

参考 Table of Contents PlusWordPress.org

自動的に目次を生成してくれるプラグイン。

SANGOにはcssが用意されていますがそのままだと表示が崩れてしまいます。

カスタマイズガイドを参考に設定しましょう。

参考 目次プラグイン「TOC+」の設定方法SANGOカスタマイズガイド

WordPress Popular Posts

参考 WordPress Popular PostsWordPress.org

人気の記事ををサイト上に表示してくれるプラグイン。

PORIPUには同じカテゴリーの人気記事を簡単に表示できるウィジェットも用意されています。

Widget Logic

参考 Widget LogicWordPress.org

条件分岐タグでウィジェットをコントロールするプラグイン。

主に広告の表示をコントロールするのに使っています。

参考 便利なWordPressの条件分岐16パターン:カスタマイズで活躍するものを厳選!サルワカ

最後にSANGO・PORIPUユーザー向けのおまけ

PORIPUの隠し要素

PORIPUにはいくつか隠し要素があります。

サイドバーのスポンサーリンク

実はマサオカブログで紹介されていたらしいのですが、PORIPUの公式サイトでアナウンスされていなかったので見つけたときには嬉しかったです。

PORIPUのテーマのサムネイル

サムネイルを見るとぽりぷちゃんの影がうっすらと見えます。

これは気づきませんでした。

SANGO・PORIPUユーザーリンク集

りんごさんがSANGO・PORIPUユーザーのリンク集を作ってくださいました。

同じテーマを使っていてもぜんぜん違うので巡回するのが楽しいです。

参考 【リンク集】SANGO・PORIPUユーザーのご紹介暮らし365+

りんごさんありがとうございます。

さっちん

他にも何か見つけたら随時追記していきます。
少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です