スターサーバーからConoHa WINGに移転しました

WordPress
この記事は約3分で読めます。

サーバー更新のタイミングでこのブログのサーバーをスターサーバーからConoHa WINGに移転しました。

スポンサーリンク

きっかけは管理画面が重くなったこと

ブログを表示している分にはそんなに重く感じないんですが、管理画面が重くストレスが溜まるようになりました。

エックスサーバーに戻すという選択肢もあったのですが、簡単にサーバー移転ができると聞いてConoHa WINGに決めました。

スターサーバーとConoHa WINGの比較

スターサーバー(スタンダードプラン)ConoHa WING(ベーシックプラン)
最低利用期間3ヶ月なし
容量100GB(SSD)200GB(SSD)
月額400円~(36ヶ月契約・税抜)2円/時(1ヶ月最大1200円)
マルチドメイン無制限無制限
PHP5/7
MySQL20個80個
メールアカウント1000個無制限
独自SSL無料無料
WordPress高速動作
プラン変更上位プランのみ可能すべてのプランに変更可能
自動バックアップなし無料
初期費用1500円(税抜・2019.9.30まで無料)なし
無料おためし2週間なし(2019.7.31までは20日間)

優位な項目の文字を変えていますが、料金以外はConoHa WINGに軍配があがります。

スピード比較

スターサーバーとConoHa WINGのスピードを比較してみました。

画像をクリックで拡大します。

スターサーバー(スタンダードプラン)使用時

ConoHa WING(ベーシックプラン)使用時

GTmetrix(YSlow)ではあまり変化がない気がしますが、PageSpeed Insightsではかなり数値が上がっているのがわかるかと思います。

特に管理画面の表示が早くなり、ストレスがたまらなくなりました。

ConoHa WINGは移転もかんたん

ConoHa WINGにはWordPressかんたん移行という機能があり、簡単にサーバーの移転ができます。

公式サイトの通りに作業すれば大丈夫かと思いますが、ブログが表示されない時間をなるべく少なくするために、下記のエントリーを参考に作業を行いました。

一応セキュリティ関係と公式サイトに載っていたプラグインについては停止しました。

特に問題もなくスムーズに移転が完了したので移行作業自体は1時間ほどしかかからなかったと思います。

最後に

サーバー移転を機に、テーマもSANGO+PORIPUからCocoonに変更しました。

そちらについては改めて別エントリーとして上げる予定です。

エントリー上げました。

ConoHa WINGについてはノビタさんのエントリーに詳しく書かれていますので、そちらをご覧ください。

私のようにConoHa VPSで一度断念した方にもConoHa WINGは簡単に使えますので、サーバー移転を考えている方は、ぜひご検討いただければと思います。

\ConoHa WINGを使ってみる/

コメント

タイトルとURLをコピーしました