エックスサーバーからスターサーバーに移転しました

先日このブログをスターサーバーに移転しました。

結論からいうと費用をあまりかけないでWordPressを運用したい人にはオススメできるサーバーです。

きちんと設定すればこれくらいの数値は出ます。

スターサーバーの特徴

私が契約したのはスターサーバーのスタンダードプランです。
6ヶ月以上の契約で月500円(税抜)で利用できます。

スターサーバー(スタンダードプラン)

  • 初期費用:1500円(2018/9/28まで無料)
  • 月額料金:500円~(6ヶ月以上・税抜)
  • 無料お試し:14日間
  • 容量:SSD100GB
  • 仮想CPU:3コア
  • Webサーバー:Nginx
  • PHP5/7(7.1.x / 7.0.x):○
  • MySQL:20個
  • マルチドメイン:無制限
  • メールアドレス:1000個
  • データ転送量目安:300GB/月(10GB/日?)
  • 独自SSL:無料(Let’s Encrypt)
  • プラン変更:即時(上位プランのみ)
  • WordPress簡単インストール:あり

さっちん

赤い文字がエックスサーバーより優位な点です。

サーバー移転の前にバックアップを取ろう

今回の移転のきっかけはサーバートラブルでしたので(詳細は後述)、バックアップファイルがなかったらこのブログは消えていた可能性があります。

できればアックアップの方法は1つだけではなく2つ以上用意しておいた方がいいです。
私は2つの方法でバックアップを取っています。

All-in-One WP Migrationを使う方法

移転元と移転先の両方でAll-in-One WP Migrationが使えるならこの方法が一番楽です。
すべてのブログデータを簡単にインポート・エクスポートができます。

  • STEP.1
    プラグインのインストール
    設定プラグイン新規追加→「All-in-One WP Migration」と入力して検索→今すぐインストール有効化
    All-in-One WP Migration
  • STEP.2
    移転元のデータをエクスポート
    サイドバーのAll-in-One WP Migrationを選択→エクスポートエクスポート先をクリック→ファイルを選択→DOWNLOADCLOSE
    ファイル

    DOWNLOAD

バックアップはこれだけです。

プラグインを使わない方法

参考 WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

ほぼ上記のやり方と同じなのですが、データベースはプラグインを使わずにphpMyAdminを使ってエクスポートしています。

  • STEP.1
    phpMyAdminにログイン
  • STEP.2
    WordPressに使用しているデータベースを選択
  • STEP.3
    データのエクスポート
    エクスポートを選択→何も変更せずそのまま実行→保存
    エクスポート

スターサーバーに申し込もう

9/28 18:00までにスターサーバーに新規申し込みをすると、初期設定費用が無料でお申込みできます。
申し込むなら今がチャンス!

スターサーバーでやること

スターサーバーにはわかりやすいマニュアルが用意されているので、基本的にはマニュアルを見ながら作業すれば問題ないです。

参考 スタンダードプランのマニュアルレンタルサーバー【スターサーバー】

…と通常ならここで移転作業は終わりなのですが、今回はここで終わりではありませんでした。

ConoHaでのトラブルが今回の移転の理由でした

エックスサーバーに不満はまったくなかったんですが、ふとConoHa+KUSANAGIでWordPressを使ってみたくなり、1ヶ月ほどConoHaで運営していました。

最初から問題がいくつかありまして

ConoHaに移転してからのトラブル

  • Let’s Encryptの週上限にひっかかりSSL化に失敗。サイトが表示されなくなった(一旦エックスサーバーに戻す)。
  • リライト中に突然サイトが表示されなくなる。
  • バックアップから元に戻したが、以前設定していた追加cssが消しても消してもゾンビのようによみがえる。

今まで15年近くブログを運営してきましたが、追加cssのゾンビ現象は経験がなく対処方法もわかりません。
ConoHaは基本的に黒い画面にコマンドを入力しないといけないので、復旧できたとしても時間がかかってしまいます。

ConoHa+KUSANAGIは表示スピードが早いといわれていますが、体感スピードはエックスサーバーで運営したときとあまり変わらずConoHaで運営するメリットがあまり感じられませんでした。

メンテナンスに時間を取られるデメリットの方が大きくなってしまい、今回サーバー移転を決意しました。

追加cssのゾンビ状態を解消するためにやったこと

このブログはエントリーが少ないので、とても地道な作業で元に戻しました。

標準の機能でエントリーと個別ページのみエクスポート

手元にはブログを丸ごとバックアップしたものしかないため、そのまま戻してもゾンビは解消されません。
標準の機能ですべてエクスポート→インポートでも同じ状況でした。

エントリーと個別ページだけインポートして、画像はバックアップファイルから必要なものだけアップロードして貼り直し、
テーマとプラグインも必要なものだけインストールしました。

テーマやプラグインはすべて設定し直したのでいろいろ見直しができましたし、画像を貼り直すついでに商品リンクをカエレバから別のプラグインのショートコードに貼り替えたので見た目もスッキリしました。

戻すのに2日ほど時間がかかってしまいましたが、ゾンビ現象はすっかりなくなりました。
PORIPUのアップデートを楽にするために追加cssを使っていましたが、またゾンビ現象が起きても嫌なので子テーマのcssに戻しています。

最後に

サイト復旧までに時間がかかりましたが、移転後は今のところトラブルもなくてホッとしています。

エックスサーバーではなく今回スターサーバーにしたのにはいくつか理由があります。

スターサーバーに決めた理由

  • はてなブログに移る前はミニサーバーユーザーだった
  • エックスサーバーから移転するときにドメインをエックスサーバーからエックスドメインに移管した
  • 維持費がエックスサーバーの約半額
  • あまのじゃくな性格なので情報が溢れてるエックスサーバーやmixhostではなく、情報が少ないスターサーバーで人柱になろうと思った

要約するとあまのじゃくなので人があまり使っていなさそうなサーバーにしたかったってことです。

最初はちょっと引っかかりがあったり、エックスサーバーでできていたことがうまく行かずにちょっと苦戦したんですが、プラグインでどうにかなるので今のところは不満はありません。

現在このブログで導入しているものや設定については別エントリーを上げていますので、参考にしていただければ幸いです。

SANGO+PORIPU+スターサーバーまとめ【前編】 SANGO+PORIPU+スターサーバーまとめ【後編】

さっちん

スターサーバーなかなかおすすめですよ。

今なら初期費用が無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です